健康と美容のための高級ドッグフード

このサイトについて

 

『愛するワンちゃんにずっと健康で、そしてこのまま美しく元気でいて欲しい!』という想いは、全ての愛犬家に共通する願いだと思います。特に毛並みの美しいワンちゃんの場合は、長生きと健康だけでなく、今のままずっと綺麗でいて欲しいという願いがありますよね?

 

ですが多くの飼い主様は、ワンちゃんの美容という観点から適切なペットフード選びをしているとは言えません。

 

そこでこのサイトは、私が愛犬の美容と健康のためのフード選びで勉強した情報を愛犬家の皆様とシェアするためにまとめました。どのようなペットフードを選べばよいのか?というコツや見分け方、そして逆に、このようなペットフードはやめておいた方がいいよ!という事もまとめています。

 

また、色々と種類があるペットフードの中で私が最終的に選んだネルソンズというフードについても詳しく紹介しています。

内容

健康で、そして綺麗なままでいて欲しい・・・|こんな事で悩んでいませんか? 

 

愛犬にいつまでも健康で、そして美しいままでいて欲しい
グレインフリー、無添加は当たり前として、栄養素も豊富で健康的な食事を与えたい
愛犬のために安心・安全な食べ物しか与えたくない
健康だけでなく美容にも良いフードがあれば試してみたい
危険な成分を含まない健康的なご飯を食べさせてあげたい

 

もしこの記事を見ているあなたが、このようなワンちゃんの美容と健康のための食事で悩んでいるのであれば、ぜひ今食べさせているペットフードを真剣に見直して欲しいと思います。

 

ドッグフードについては様々な情報が溢れており、最近ではインターネットなどでもかなり正確な情報が集められるようになってきました。そして、プレミアムペットフードとよばれるワンちゃんの健康に良いドライフードも増えてきています。

 

ですが、『犬の美しさと健康の維持』という二つのポイントとなると、その両方を満足させるフードって凄く限られています。しかも、非常に残念な事に、ワンちゃんの美しさが普段の食事に大きく依存しているという事を知ってる飼い主さんは、そう多くはありません。

 

では、ワンちゃんの美容、そして健康の両方のために必要な食事、栄養素とはどのような食材、成分なのでしょうか?

 

まずはこの点から考えてみましょう。

ワンちゃんの美容・健康と食事の関係とは? 

 

ワンちゃんの美容と健康のためには、消化によくて栄養素のバランスに優れたフードを選ぶ事が最も重要だと言われています。なぜかというと、犬は本来は肉食よりの雑食性というやや偏食気味の生き物であり、消化に良い食事成分には偏りがあるからなんです。

 

特にトウモロコシや小麦などの穀類の消化は苦手であり、その一方で、チキンなどの肉類の消化は得意です。そして、消化に悪い食材を摂取した場合は、その栄養素はワンちゃんの身体へと還元される事もなく、そのままうんちとして身体の外へと出ていってしまいます。

 

また、症状が酷い場合は、このような穀物類が原因で下痢など症状が出る事もあります。このような穀物を含むペットフードは、ワンちゃんの健康被害の原因である事は言うまでもありません。そして、これらの消化器官へのストレスが原因でワンちゃんの美容面への悪影響も出る事が知られています。

 

また、これらの穀物は犬の食物アレルギーの原因にもなるため、皮膚炎や涙やけ、目やに症などを引き起こして大事なワンちゃんの美しさを奪ってしまう可能性が非常に高いのです。

 

ですので、消化に良いフードを選んであげる事がワンちゃんの美しさ、そして健康で長生きするための一番のポイントであるといえます。

穀物と添加物|こんなドッグフードは健康と美容の敵です! 

 

先ほど『穀物を含まないフードが絶対条件!』という話をしましたが、この概念は最近のドッグフード業界の流行りでもあり、『グレインフリードッグフード』として知られています。

 

これは、『トウモロコシ、小麦などの穀物類を徹底排除した消化に良いドッグフード』の事です。ワンちゃんの健康と美容を考えるのであれば、このコンセプトで開発されているドッグフードをまずは選んで下さい。

 

逆に言うと、穀物類の成分表記がなされているドッグフードは絶対にNGです!

 

トウモロコシ(コーンスターチと表記される場合が多い)
小麦(小麦粉と表記される場合が多い)
大豆(大豆ミートと表記される場合が多い)

 

このような穀物類が多くの市販ドッグフードには含まれているため、まずはここをチェックして下さい。このような表記のあるペットフードは、ワンちゃんの美しさを奪ってしまう敵であり、ある意味では毒とすらいえるかもしれません。

 

また、人工添加物も犬にとっては消化できない毒物であり、消化器官への大きなストレスになります。市販ドッグフードに含まれる添加物の例としては、以下のような化学成分が挙げられます。

 

エトキシキン
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
着色料(赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号)
ソルビトール(人工甘味料)
キシリトール(犬にとっては猛毒!)
グリシリジン・アンモニエート
ビートパルプ
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム

 

一つでも入っているとすぐに危険という訳はありませんが、このうち複数が添加されているドッグフードは避けた方が良いでしょう。

 

もし自分の身体に入るものにこのような化学成分は含まれていれば、絶対に嫌だと思います。

 

それと同じで、ワンちゃんだって人工添加物はできれば避けてあげるべきなんですよね。

美容と健康のためのドッグフード選び5つのコツとは? 

 

特に成分や食材配合という見方から、ワンちゃんの美容と健康のためのドッグフード選びで重要視したい5つのポイントをまとめてみました。ドッグフード選びの指針になると思いますので参考になさって下さいね。

 

@必要な栄養素とそのバランスについて

 

犬は本来は肉食よりの雑食動物ですが、だからといってお肉だけ食べさせていては栄養バランスが崩れてしまいます。そのため、普段の食事でも以下の栄養素をバランスよく摂取させてあげる事が何よりも重要です。

 

タンパク質⇒身体を作る成分であり、調子を整える役割もあります。
水分⇒ワンちゃんの体重の七割は水分ですので、新鮮で清潔な水を常に飲ませることができる環境が必要です。
ミネラル⇒身体の調子を整えます。成分の偏りはNGであり、量よりもバランスが大事です。
炭水化物⇒消化器官に負担を与えないように『控えめ』にするのがコツです。
脂質⇒脂溶性ビタミンの摂取効率を上げるためにも重要な栄養素です。
ビタミン⇒身体の調子を整えるための必須栄養素です

 

これらの栄養素は、どれか一つが多すぎたり、少なすぎたりする事は絶対に避けて下さい。あくまで一番大事なのはバランスであり、主食として与えるドッグフードにこれらの栄養素が全て含まれている必要があります。

 

Aコンドロイチン、グルコサミンに注目!

 

これらの栄養素は私たち人間の健康維持にも使われるサプリメント成分でもあるため、名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。主に関節機能の改善効果などが期待される栄養素ですが、これはワンちゃんの健康維持にとってとても大事な成分です。

 

愛犬の皆様はご存知のとおり、散歩が嫌いなワンちゃんなんでいませんよね?つまり、犬とは歩き、走り、そしてジャンプする事が本能の一部であり、このような行動のためには関節が正しく健康に機能する事が前提なんです。

 

ですので、可能であればこの二つの栄養素がしっかりと取れるような食事を普段から毎日与えてあげて下さい。

 

評判の良い優れたドッグフードには、この二つの成分をわざわざ選んで配合してくれているので、ドッグフード選びに時に原材料欄を必ずチェックして下さいね。

 

Bウェットフードはご褒美や食いつきを良くすためのトッピング程度に留めておく事

 

犬は香り、匂いに敏感な生き物ですので、ドライフードよりもお肉たっぷりで良い匂いがするウェットフードが大好きです。そのため、飼い主様の中には缶詰などのウェットフードばかり与えている人もいるかと思います。

 

ですが、これって実はかなりワンちゃんにとっては危険な場合もあります。なぜかと言うと、ウェットフードは生肉が主体であり水分も多いため、基本的に腐ったり危険な微生物が発生しやすい性質があるのです。

 

そのため、粗悪なウェットフードには防腐剤や酸化防止剤などの危険な化学物質が大量に添加されている物もあります。

 

全てのウェットフードが等しく危険であるとまでは言いませんが、なぜ腐りやすいウェットフードが製造から何カ月も、そして何年もスーパーの陳列棚に並んでいるのかを考えると、おのずとその答えは明らかですよね。

 

ですので、ウェットフードは特別な日のご褒美や、どうしてもドライフードを食べてくれない時のトッピングに使うくらいで良いと思います。また、このようにして与える場合も、必ず人工添加物の有無はチェックし、新鮮なウェットフードを選んで与える必要があります。

 

C手作りドッグフードはNGと知る

 

市販のペットフードの危険性を考えるあまり、ご自身で手作りのペットフードしか与えないというこだわりを持っている飼い主様も最近では増えてきているそうですね。

 

ですがこれは、専門家の目から見てもかなり危険な行為だという事を知っていましたか?

 

例えば、後で紹介する『ネルソンズ』というドッグフードの公式サイトでは、獣医師の阿部 美奈子先生が手作りペットフードの危険性について以下のようにコメントをされています。

 

(ネルソンズ公式ページよりお借りしました。こちらのページから公式ページに移動できます。)

 

つまり、手作りのペットフードはあくあまでご褒美やコミュニケーションのためのツールであり、私たち素人には全ての栄養素をバランスよく与える事が凄く難しいのです。

 

ですので、手作りペットフードを主食とする事は基本的にはNGであり、動物のプロが開発した専用のドライフードを選ぶことが一番の理想であるといえます。

 

D一番大事な事は、やっぱり『グレインフリー』ですよ!

 

そして、ワンちゃんの美容と健康のためのフード選びで一番大事なのが、『グレインフリー』というコンセプトです。犬という生き物は肉食よりの雑食性であり、トウモロコシや小麦などの穀物類を消化する酵素を持っていません。

 

(関連記事:穀物と添加物|こんなドッグフードは健康と美容の敵です!

 

そのため、穀物を配合されているドッグフードは消化器官への大きな負担になり、結果的にストレスから健康被害、美容面での悪影響も大きく出てしまいます。

 

ですので、グレインフリーはドッグフード選びの最重要項目です。

 

必ず原材料名をチェックしてあげないと、あなたの愛するワンちゃんが、毎日食事で苦しむという悲惨な事になりかねないですよ。。。orz

私がネルソンズを選んだ理由について 

うちには一歳になったばかりのミニチュアダックスフンドのリク君という子がいます。家族の一員としてとても大事な存在なのですが、成犬になりたてという事もあり、ライフステージに合わせて子犬用から成犬用へとドッグフードを変えてあげる必要性を感じていたんです。

 

とても毛並みの美しいリク君なので、ずっとこのまま美しくいて欲しいと思い、色々を食事の事も勉強しました。その中で、普段の食事における栄養素のバランス、そして何よりも重要な『グレインフリー』という考え方を知ったのです。

 

そして、『ワンちゃんの美容と健康にこだわった栄養素だけを選んで配合してくれていて、しかグレインフリーなドライフードってないのかな?』と思い、その結果見つけたのがこの『ネルソンズ』だったのです。

 

 

グレインフリーであった事
美容と健康をコンセプトにした珍しいプレミアムドッグフードであった事
コンドロイチン、グルコサミンなどの健康サポート成分も配合されていた事
プロの獣医師の先生も推薦していた事
手作りフードでは無理な栄養素のバランスを実現してくれていた事

 

大きくこの五つのポイントが決め手になりました。特にグレインフリーである事は絶対に外せない項目だったのですが、その上で『健康と美容の両方』を考えて開発されたペットフードはこのネルソンズくらいしかなかったので、本当に見つけた時は嬉しかったですね。

 

リク君の食いつきも非常に良くて、このフードにして良かったなと感謝していますよ。

ネルソンズを選ぶときの注意点〜こんなワンちゃんにはダメかも?〜 

 

うちのリク君にとってはピッタリのネルソンズですが、全てのワンちゃんにとってこれが最適だとは限りません。特にこのドライフードは、実際に私が試してみて思ったのですが、他のドライフードよりも若干お肉の香りが強い気がします。

 

これは新鮮なチキン肉が主原料であるため、むしろ品質の良さを保障する良い部分だとは思うのですが、購入するその時々によって若干香りが変わる事があるのです。

 

少し気になったのでネルソンズの事を調べてみたのですが、公式サイトのよくある質問に以下のようなコメントがありました。

 

 

つまり、季節によって最高の素材を選ぶため香りの変化も伴うという事みたいです。これは新鮮さの現れという事であり私は凄く安心したのですが、このような特徴もある事は知っておいて下さいね。

 

特に香りや味の変化に敏感なワンちゃんの場合は、ずっとこれだけを与えるつもりであっても急に食いつきが悪くなる可能性もゼロではないかもしれませんね。

 

とは言っても、このフードは他のドライフードに比べてお肉の香ばしい香りも強く、その変化の程度も最小限になるように工夫がなされています。そのため、このような軽微な変化で食いつきが極端に悪くなる事は少ないのかな?とは思いますね。

ネルソンズの口コミまとめ〜このような飼い主さんに選ばれてます〜 

 

このドライフードは美容面での効果も期待できる珍しいプレミアムドッグフードという事もあり、非常に人気が高いです。そのため、どのような飼い主さんがこのフードを選んでいるのか?という事は凄く気になると思います。

 

そこでネルソンズの大ファンでもある私が、皆様の代わりにネットや雑誌での口コミ、評判を調べてまとめてみました。

 

大きく分けで、『食いつきの良さ』『健康的な食事としての安心感』『ワンちゃんの美容面での実感力』という三つの点で満足されている飼い主さんが多いですね。

 

それぞれ簡単に、実際の口コミを紹介してみたいと思います(一部は公式サイトより引用。公式サイトにはこちらのページから移動できます。)。

@食いつきの良さに関する口コミ、評価の例

 

栄養価が高くておいしく食べてくれるので、食いつきのいいこのフードを選んでよかった!
何が合うか分からない為お試しで購入したのですが、このフードは美味しそうに食べてくれています。

 

A健康的な毎日の食事としての口コミ、評判の例

 

原材料が全て明記されていて安心そうなのでこれにしました。
グレインフリーのフードはこれが初めてだったけど、食べさせるようになってからいつもよりも活発で元気になってくれました。

 

B美容面、美しさサポートに関する口コミ、評判の例

 

ネルソンズで綺麗な身体の維持ができています!
ネルソンズドッグフードを食べるようになってから見た目が輝いている気します。
涙やけと毛並みが悪さが気になっていてこのフードにしました。
涙やけの症状が少しづつですが改善されてきているので、やっぱりこのフードを選んでよかったと思います。
グレインフリーなためか毛並みも良くなってくれたように感じる。
サーモンオイル・海藻が入った美容面でのサポート成分も配合されているため、このフードを選びました。

 

ただグレインフリーで健康にいいだけのフードを探している飼い主様だけではなくて、やはり『美しさと健康維持』の両方を考えたプレミアムドックフードを探している飼い主様に好評ですね。

 

ですので、『いつまでも元気で、健康で、そして美しいまま長生きしてもらいたい!』という愛犬家の皆様にとっては、このプレミアムドッグフードが理想に最も近い食事であると言えるのではないでしょうか?

ネルソンズ|ワンちゃんの美容と健康のためのプレミアムドッグフード 

ネルソンズ|愛犬の美容と健康のための特別なプレミアムドッグフード
グレインフリー(小麦・トウモロコシ不使用)
人工添加物不使用(着色料・香料・保存料ゼロ!)
安心と安全を考慮した品質管理(穀物完全排除)
健康維持とサポート成分(オリゴ糖配合だから腸内環境をサポート)
元気サポート成分(コンドロイチン、グルコサミン)
輝く美容と美しさのサポート成分(サーモンオイル、海藻、豊富なミネラル類)
人工添加物・肉の副産物不使用(4Dミートゼロ)
遺伝子組み換え食品不使用
価格 容量 口コミ評価

単品販売:3,960円

 

定期コース:10〜20%オフ

2s[一袋]

 

イギリス国内販売累計

100万個突破!

 

ネルソンズの詳細まとめと通販情報

page top